プロがおすすめの電動ドライバーはこれ!マキタのDF030DWX

現役の家電修理マンがおすすめする電動ドライバーを紹介します!

マキタの電動ドライバーDF030DWXの最安値はここ!

makita02

マキタの電動ドライバー

DF030DWX(バッテリBL1013 x 2個・充電器DC10WA・プラスチックケース付)

を買うなら、Amazonがおすすめです。


標準小売価格は 24,300円(税別) となっていますが、

Amazonで買うと変動はありますが大体13,000-14,000円程度で手に入ります。

*追記(2016.5.1)*
最近価格が上がっています。
アマゾンのトップに出てくるものが、最安ではない場合がありますので、
「新品の出品」から安いものを選びなおしてください。


Amazonでは2009年の6月から取り扱われていて
ロングセラー商品になっています。

かれこれ3年は仕事で使っていますが、まだまだ現役で頑張ってくれています!


>マキタ 充電ドライバードリル DF030DWXをアマゾンでみる

マキタの電動ドライバーDF030DWXを使って作業してみました




私の仕事は訪問家電修理屋さんです。

日に何件かのお家にお伺いして、実際にその場で修理します。

そんな修理作業に欠かせないのが電動ドライバーなんです。

これだけはなくては仕事になりません。

何十本もあるネジを手で回して作業すると
何倍も時間がかかるだけではなくて、
腱鞘炎になります。 マジです。
何度か持っていくのを忘れて泣きそうになった記憶があります。。。

仕事にもDIYにもおすすめの電動ドライバーです!


>>仕事にもDIYにもおすすめの電動ドライバーはこちら


マキタの電動ドライバーDF030DWXの口コミはこちら!

makita-dendoru01

DF030DWXの口コミを紹介します!


全体的な印象はかなり好感触です。
初期不良やお店の対応に不満がある口コミは少しありましたが
性能や使い勝手の面ではほとんどが高評価でした。

数ある口コミから、使用感のイメージのわくものを選んでみました。


★5
  
これ1つで大抵のことができます。 本体はコンパクトで持ちやすく、軽いので使いやすいです。 ドライバーとしてだけでなく、木工の穴あけや壁のコンパネへのネジ打ち程度でしたら十分こなせるトルクがあります。 ハードケースが付属しているので小物もふくめて片付け・収納もしやすく、使い勝手の良いドライバードリルとしてお勧めできます。
★5 
30代男性  おやじにプレゼント 以前同様のものを同ショップで自分用に購入しました.これくらいがDIYにはぴったりです.非常に使いやすく,おやじにもプレゼント用にまた購入しました. とてもよろこんでいましたよ. やっぱり手を動かすのはいいですね. ドリルが一個あるとDIYの幅がぐっとひろがります.
★5
10.8Vは非力か心配しましたが、軽量で低速でも力強さは十分です。日曜大工に最適です 新製品の充電ドライバー電圧が14.4Vから18Vへ移行中、今回購入の10.8Vは非力か心配しましたが、 軽量で低速でも力強さは十分です。日曜大工に最適です。

★5
さすがマキタ 優れモノです。 作業上ビスを止める部分に、必要以上のパワーをかけられないところへビスを打ちますので クラッチ付きのものを使用しています。今までチャック式のものを使用していましたが、ダメに なったので買い替えです。 6.35㎜に変えたので、パーツも合わせて買い替えになりましたが、軽さ、握り具合、操作性、 バッテリーの容量、どれをとっても満足しています。
★5
  
バランスよし インパクトと迷いましたが、こちらにして良かったです。まず家庭で使用する程度でわインパクトだと使い勝手がわるいのと本格的なものだと高すぎるのでバランス的には取れていると思います。 トルクもそこそこあるので日曜大工、家具の組み立てにはもってこいです
★5
 
日曜大工にぴったり 小型軽量で音も静か。家庭内で組み立て家具の組立・分解、ちょっとした日曜大工には十分な性能だと思います。高さ1820の自作のCD棚作りに使用してみましたが、ねじ穴とタボ穴約200か所、ねじ締約30か所にほぼバッテリー1個で対応できました。パッテリー性能も十分だと思います。10.8Vバッテリー2個と充電器がついてこの値段なら、とてもリーズナブルですね。また六角軸なのでインパクトドライバなどとビットが共有できるのもいいと思います。
★5
 
軽量コンパクト ハードユースではない自分には最適の機種。 軽量、コンパクトで使い易い。 日曜大工には、少々もったいない気がしますが 目が飛び出るほどの価格で無いので 安物買いの・・・とかより 丈夫で長持ち(プロ仕様なのでメンテが出来ます) 結果的には、満足するものになると思います。

悪い口コミも探したんですけど、
初期不良やショップに対するものしか見当たらずここにはあえて乗せていません。

さすがロングセラー商品だけあって、高評価ばかりでした!


>>高評価口コミのドライバーを見てみる

マキタの電動ドライバーDF030DWXがおすすめな7つの理由は?

makita02

DF030DWXがおすすめな理由は大きく7つあります。

  1. 回転が速いので仕事が早い
    速度は2段階で切り替えが可能でして

    高速 0~1,300[回転/分]
    低速 0~350[回転/分]
    一般的なペン型タイプのものだと600~700[回転/分]位です。


  2. 指先で回転速度を調整できる
    ピストルのトリガーのようなスイッチを押すことで回転するんですが
    微妙な握り加減で簡単に回転速度を調整できます。
    ペン型タイプの電動ドライバーは回転速度一定です。


  3. 手先を照らすLEDライトがついていてる
    ライトのおかげで奥まったとこでもよく見えるます。
    ただ、回転時は常にライトONになるので、いらないときは消せたほうが
    バッテリーの節約にはいいのになーと個人的に思います。


  4. バッテリーが2つついてくる
    バッテリーは新たに買うと高いんですよね。
    といってもバッテリーは消耗品ですし、最初から2つついてると安心です。
    あと、作業量が多いときには、バッテリーを充電しながら作業できるので
    バッテリー切れの心配がありません。


  5. 10.8Vなのでパワーがある 
      ペンシル型の7.2Vや3.6Vバッテリーに比べてパワー差は歴然です!
    トルクで比べると、ペン型より10倍くらい力が強いです。


  6. 大きすぎず持ちやすいし、グリップももち心地がい
    バッテリーが大きいタイプの電動ドライバーは、使える時間は伸びるんですが
    狭い場所の取り回しが悪いので、使えない姿勢や場所が増えます。
    でもDF030DWXは、ペン型ドライバーとまではいきませんが
    グリップしたのバッテリーが小さく収まっているので、使いやすいです。


  7. 締め付けトルクを細かく調整できる
    小さなネジをほどくときやしめるときに、一番気を遣うのがネジをなめないこと。
    DF030DWXだと細かく力を変えれるので、ネジなめの心配がありません。


以上7つがおすすめの理由です!

>>>DF030DWXの最安値は?


電動ドライバー(ドリルドライバー)とインパクトドライバーの違いは?

電動ドライバー(ドリルドライバー)とインパクトドライバー
何がどう違うんでしょうか?


それぞれをわかりやすく説明している動画を紹介します。


まず、電動ドライバー(ドリルドライバー)





次は、インパクトドライバーです。





どうですか? わかりました?



さらにこの動画でネジうち比較が見れます。




左は電動ドライバー。
調整しながら作業することが容易で、細かな作業に向いています。
悪く言えば、インパクトドライバーに比べて力がない感じです。


対して右側のインパクトドライバーは
パワフルで仕事がはやいですが、調整は困難です。
一気にガガガガッ!! といっちゃいます。



ざっくり使えるシーンの違いを説明すると、

電動ドライバー(ドリルドライバー)の主な用途は
・小さめの機器の分解作業
・穴あけ
・ネジ締め(短いネジ、柔らかい材)
 組立家具、カラーボックスなど

インパクトドライバーの主な用途は
・大型機器の分解作業(洗濯機の駆動部交換など)
・ネジ締め(長いネジ、堅い材)
・内装作業など


2つの違いをまとめると、繊細な作業と穴あけには、電動ドライバー(ドリルドライバー)
ガンガンやっても問題ない作業にはインパクトドライバーという感じになります。
用途に合ったものを選んでくださいね!

  >>マキタ 充電ドライバードリルを見てみる